Pマークを取得する意義とは

  • Pマークを取得する意義とは

    • 私たちは今日、自分のパソコンやスマホを利用して企業の商業ウェブサイトにアクセスし、欲しいものを注文してそれがすぐに納品されることができるという環境を思いのままに利用しています。

      これは物流の発達により企業が商業活動を広範囲に行うことができるようになったこと、またインターネットの発達によって企業のサービスを利用する環境が整ったことによって実現しました。

      反面リスクもあります。

      それは顔の見えない第三者に対し、消費者が氏名・住所・電話番号・電子メールアドレス・年齢・性別・職業・キャッシュカードの情報など、個人情報を相手に丸投げすることになるからです。


      こうした情報は企業が電子データとして蓄積し、秘密事項として保守管理されているはずですが、ニュースを賑わす話題のひとつ、つまり個人情報の漏洩という事故に繋がる可能性を孕んでいます。

      Pマーク取得の最新情報を紹介します。

      こうした問題は、企業の内部の教育不徹底によるミスや、悪意ある第三者の意図によって起こってしまいます。


      そこで必要なのは、個人情報を正しく取り扱いことや問題発見と問題解決によって漏洩事故を起こさない取り組みを企業が継続的に果たすことです。

      しかし企業およびその担当者が「注意しています」と述べるだけではその取り組みが正しいと評価される訳ではありません。そこで必要になるのがPマークの認証です。

      これは一般財団法人日本情報経済推進協会が、その企業の取り組みをJISQ15001の規格に照らして正しく行なっていると審査した時に初めて取得できます。


      様々な事件が背景にあることを考えれば、もはやPマークの取得はそれ自体利益を生み出すものではない、という考え方は古いと分かるはずです。



      むしろ顧客や市場からPマーク取得による信頼を受けて、ビジネスチャンスを逃さないようにと積極的にコミットするべきなのです。

      wikipediaならこちらが人気です。

  • 仕事の実態

    • Pマーク取得は、それ自体が利益を生むものではない、と考える経営者はまだまだ多いようです。確かに専属メンバーを複数名配し、審査の準備をするための活動を任せ、社員を教育・啓蒙し、書類の整備や作業内容の改善やその記録など、膨大な時間がかかります。...

  • 仕事の特徴

    • 今日では個人情報をいかに安全に管理するか、というテーマは企業にとって重大な関心事です。この問題は営業上の管理の問題であり、厳重に機密保持するのが当然なのですが、一方でニュースを賑わしている通り、情報漏洩という事件がかなりの頻度で報道されています。...

  • 関連情報

    • Pマークとは、個人情報保護に関する要件を満たした事業者に対して推進協会などが与える登録商標のサービスマークのことで、国内に拠点をもつ事業者のみの対象となっていて、そのPマークの付与などは、法人単位の一定の条件を満たした事業者に与えられ、個人情報保護の推進を促進する役割なども担っています。Pマークを取得することによって事業者は、プライバシーの信頼性などを取引先ヘアピールすることができるメリットがあり信頼の向上へも役立ちます。...

  • 注目情報

    • 現代はセキュリティ犯罪の防止の為、個人情報の保護や適切な取扱が必要とされています。そのためには、個人情報を収集する事業者はPマーク(プライバシーマーク)の取得が推奨されます。...

top